TOP >沿革

会社案内

沿革

慶長年間
(1596年から1615年)
玄米問屋として営業を開始する。以来、代々営業を引き継ぎ、現在に至る。
昭和27年
倉庫内に精米機を設置し、白米の取扱いを開始する。
昭和40年
本店敷地内に精米工場設置する
昭和46年
白岡倉庫を建設(建築面積 930.2㎡)
昭和47年
有限会社武州米穀を設立県知事許可を取得
本店敷地内の精米工場増設
昭和51年
有限会社第一米穀を設立し、
営団以来の春日部第一米穀企業組合を継承。
昭和53年
業務拡大に伴い、市内八丁目に原料倉庫
(建築面積 346.2㎡)を建設。
昭和60年
本店敷地内の精米工場増設し、大型精米工場となる。
平成1年9月
業務拡大の為、八丁目倉庫敷地内に精米工場移転
平成2年
八丁目倉庫敷地内に本機122.5馬力の
最新大型精米工場を新設し、精米、配送業務を
本店より移転する。
平成5年
物流機能向上のため、精米工場に併設して倉庫
(建築面積 238.57㎡)を増設。
平成9年
サタケの無洗米機スーパージフライス(SJR)を導入。
平成10年
永嶋庄兵衛商店を法人化し、株式会社永嶋庄兵衛商店と成る。
平成13年
社団法人日本精米工業会の精米工場品質システム【JRQS:2000】を取得
平成14年
サタケの無洗米機ネオテイスティホワイトプロセス(NTWP)を導入。
平成15年9月
株式会社アファス認証センターの有機認証取得【小分け業者】
平成17年
コンタミネーション防止のための残留米除去対策完了
平成18年11月
らいすぱーとなーによる本店と工場の連動コンピューターシステムを導入
平成21年2月
サタケマジックソーターグランドAMS563を追加
平成22年1月
サタケ精米機 ミルマスターSAFF3Aを追加
平成23年5月
サタケ 精選石抜機SG120Aを追加
平成23年5月
のむら産業 スーパーインテリジェントパッカーNPX-SLKⅡを追加
平成23年9月
山口商会 振動万石YS-6を導入
平成24年5月
節電対策の一環として、精米工場にLED照明を導入
平成25年2月
サタケ 光選別機 ピカ選グランドES-01AMを追加
沿革