TOP >美味しい炊き方

商品について

美味しい炊き方

1,貯蔵方法
精米後のお米は、直後から酸化がすすんで、風味が落ちていきます。できるだけ新しいお米を買い、できるだけ早く食べきりましょう。また白米は温度・湿度・臭いなどの影響により品質が変化しやすいので、密閉容器に入れて冷蔵庫に保管することをお勧めします。
2,研ぎ方
お米を研ぐことにより表面に残っている米糠を落とします。 その際、ゴシゴシ研ぐ必要はありません。お米の表面に傷がつくと、もろくなって砕米となり 炊くとベタッとした団子状になってしまいますので、ご注意ください。
計量ずみの米を内釜に入れ、手早く水を入れてさっと洗い、濁った水をすぐに捨てる。
 (1)米同士をこすり合わせるよう手のひらでギュッギュッとていねいにやさしく洗う。
 (2)再び水を入れ、軽くかき混ぜて捨てる。
 (3)この作業を2~3回を繰り返す。
また水切は手早くしましょう。ざるで研いだ場合、ざるにあげたまま長時間放置しないことが大切です。(米が割れて、べちゃつきの原因となります。)
3,水加減
お米と水の量を正しくしないと美味しいごはんが炊けません。
水加減はお米の重量に対して1.4倍程度が目安ですが、お好みに合わせて水加減を調節してください。
なお、お米の浸け置き時間は、夏場で30分以上 冬場で1時間以上 が理想です。もし、前日に洗って翌朝に炊飯する場合は、浸けておいた水を替えてから炊飯してください。
4,炊き方
炊飯器の種類や、電気炊飯器・ガス炊飯器、季節によって水加減が違ってくるのはご存知でしたか? 目安としては、夏場は普通で、冬場は水を少し増やし、梅雨時期は水を少し減らしましょう。
5,むらし
ご飯が炊き上がったら、むらし時間をとってください。むらし機能のない炊飯器の場合、炊き上がってスイッチが切れた後そのまま約15分間おきましょう。また、むらし過ぎは、お釜のフタに付着した水滴がご飯の上に落ちて、ご飯がベチャついたり、黄ばみの原因となりますので時間を守ってください
6,ほぐす
炊き上がったらすぐにほぐしましょう。ほぐさないで放置(保温)するとごはんがベチャついたり、ダンゴ状になることがあります。すばやくほぐすとお米の表面に付いた余分な水分が飛ぶので、つややかでふっくらしたごはんになります。
7,保管について
ごはんを長時間保管する場合は密閉容器に入れて冷凍庫に保管することをお勧めします。
レンジで戻せば、ほぼ炊きたてのふんわりごはんが食べられますよ。
代表挨拶